FANDOM


第十一話 エリンギ・ブロコビッチ
第十一話 エリンギ・ブロコビッチ
エピソード名の元ネタ エリン・ブロコビッチ
脚本 横手美智子
絵コンテ 倉川英揚
演出 桜美かつし
作画監督 大木良一
上田みねこ
小渕陽介
藤部生馬
冷水由紀絵
矢向宏志
←前回
第十話 素晴らしき尻哉、人生!
次回→
第十二話 グッドモーニング、プリズン

あらすじ 編集

キヨシの機転により、退学の日が1日延期された。ガクトはそのたった1日の内に《DTO》の証拠をつかもうと新たな計画を立てる。そしてプリズンの外では、キヨシと連絡を取り合った千代が、シンゴの為にと杏子と共に退学阻止に向けて動き出す。
計画通り、看守室で花とふたりきりになったキヨシ。だが、花がハサミを持ってキヨシに迫って来た!
「オレのエリンギもここまでか!?」
「メデューサが! 花さんのメデューサが!!」

次回予告 編集